TOP > LENS > Out Reflect レンズ

Out Reflect レンズとは

日本人の瞳を研究し開発したレンズ

構想10年、開発3年、テスト2年の期間を経て遂に発売します!
DOUBLE O GlassesGEARオリジナル
ロードバイク・モーターサイクル専用レンズ
Out Reflect (アウトリフレクト)
*日本人の瞳だけを考え特化した新しいレンズです。

長年サングラスや度付きレンズを販売してきたダブルオーが提案する新しい形。
このアウトリフレクトレンズの始まりは「快適性の追求」からでした。
初めはフレームやサングラスのフィット感を追求。
汗や動き、そして安全性を追求したオリジナルフレームを開発(sun & glass WILL/RIDING EYEWEAR/OS MASK Revo)と同時に“見る”から“見える”の追求が始まりました。

できるだけ自然に不必要な情報を削除し、必要な部分だけをクローズアップできるレンズの開発に取り組みました。

実際まだまだ日本人におけるサングラスの文化は浅く開発段階にあります。

このチャレンジは“市場に存在しないもの”=“異端物”の開発でした。
プライドを持って現在まで開発を進めてきたところにそれを否定するような商品の開発依頼です。

ただし彼らは物作りのプロであってアスリートではありません。
ましてやロードバイクやモーターサイクルといった分野は未知の世界でしかありませんでした。
初めは「不必要なものは見ずに、必要なものだけを見る」ことの説明と説得から始まりました。
それはオートバイやロードバイクにおける装備と走行シーン、そして何よりも通常生活ではありえないスピードレンジでした。
モーターサイクルにおいては時速300kmにも達することで、目の重要性は想像するだけでかなり酷使されながらも人命を守る役割があるのです。

またロードバイクにおいても体を守るもののない状態で、命の危険があるスピードで体力の消耗から判断力が衰えながらも完璧に機能しなくてはいけないのがやはり目であり「見える」ことなのです。

これらのことを辛抱強く説得し一つの国内メーカーが賛同してくれました。
そこからの開発に3年を費やし見事完成させたのが

Out Reflect レンズなのです。

まず着目したのは「太陽を味方につけること」。
季節やシーンによって太陽の位置が変わる為、年間を通して全く同じシーンは存在しないことです。
それぞれのシーンにおいて太陽を避けるのではなく、太陽を理解し逆に対応することを考えました。
すなわち最高のパフォーマンスを発揮するには、太陽の位置からくる環境(走行シーン)に合わせることがベストだと考えたからです。

そしてもう一つは日本人の瞳の色からくる見え方です。
ほとんどの日本人は瞳の色が黒であること。

こんな話があります。
日本を代表するオートバイレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」での出来事です。
真夏の日差しのきつい季節に8時間もの長い時間を2、3人で走るレースなのですが
それまでそれほど速くなかった外国人選手が雨が降ってきたりナイト走行に変わったとたんに信じられないようなスピードとタイムを刻み続けるのです。
もちろんいろいろな要因はあるとは思いますが、一つは「見える」ことなのです。
その外国人選手はアメリカ人で瞳の色がブルーでした。
「その瞳の色は日本人が同じシーンで見ている見え方と明らかに違ったからではないか」と言われています。

それであれば、日本人の瞳からくる「見える」の追求を行いました。

現在市場のほとんどが外国製サングラスが占めています。
サングラス文化の浅い日本では海外の活躍している有名選手が使用しているものは「いいもの」だというところから入っています。
もちろんこれを否定するつもりはありません。
むしろ私自身もスタイルから趣味やスポーツに没頭する方ですから!!

ある程度、自信や経験を積んでくると 「挑戦や勝利」を目指すことになると思います。
すると今より、より快適に、より安全に、人より速く、差を、等‥と考えると思います。
このような考えになってからで結構です。

是非!もうワンステップ上ったところにある「新しい“見える”を手に入れてみませんか?」

このページの先頭へ

ラインアップ 度付き/¥50,000(税抜)、度付なし/¥25,000(税抜)


レンズ 用途 特徴
■ OR-ROAD
OR-ROAD
ロードバイク 春・夏用
透過率:16%
偏光率:76%
昼間運転:適合
夜間運転:不適合

OR-Bikeに比べて少しブラウン系が入り明るくなります。
春夏における山岳コースではなく街中やサイクルロード、クリテイリウムに向きます。
走行シーンが街中や山であっても新緑の季節なので、建物や木々の影が多少あるものの直射日光がきついためグレー+赤系ブラウン色を採用。
突然の天候不良やトンネルなどの短時間の走行は一切考慮せず、走行時間が一番長いシーンでもあるアスファルトからの照り返しのあるシーンに重点をおき視力の低下や体力の消耗をおさえ集中力を上げるためのレンズです。
またレースにおける後半スパート時に体力の温存ができ、状況判断もしやすくなるはずです。
■ OR-BIKE
OR-BIKE
オートバイ 春・夏用
透過率:15%
偏光率:75%
昼間運転:適合
夜間運転:不適合

2015年最終テスト予定: 鈴鹿8時間耐久ロードレースでのテストを計画中!
この様子は改めてブログ等でご紹介します。

高速ツーリングに向いています。
走行シーンが車道や高速道路は直射日光がきつく過酷な状況であるためグレー+ブルー系色を採用。
突然の天候不良やトンネルなどの短時間の走行は一切考慮せず、走行時間が一番長いシーンに重点をおき視力の低下や体力の消耗をおさえ安全性を上げるためのレンズです。
特に高速道路をメインに使用しロングツーリング志向の方には、後半の夜間走行等の視力の低下にもつながります。
■ OR-WINTER
OR-WINTER
秋・冬用
透過率:27%
偏光率:71%
昼間運転:適合
夜間運転:不適合

【シーズンを通して】
ヒルクライムレース
山岳コース
ワインディングに向きます。
秋・冬は太陽の位置が低くなるため影が多く長い。
また、日中の時間が短いので暗くなり見にくくなります。
時間帯によっては太陽の光を軽減し、体力の消耗をおさえ、多少暗くなったとしてもハイコントラストカラーが視野をサポートします。
「WINTER」という名ではありますが、年間を通じてレースシーンにおいてはヒルクライムの山岳コースやワインディング走行の方、MTBレース等といったシーンの方にお勧めです。

※このレンズはスピードレンジの高いシーンにおける目のパフォーマンスを最大限に発揮させるために開発したオートバイ・ロードバイク専用のレンズです。
そのため、ドライブやランニング、テニス、ゴルフといったシーンにも使用することができます。
※OUT REFLECTは透過率が75%以下となりますので、夜間の運転には使用できません。
※効果の感じ方は個人差があります。購入の際はサンプルレンズなどでご確認いただくことをおすすめします。
※製品の特性上、左右一組(2枚)のご注文に限らせていただきます。度数によっては制作できない可能性があります。

このページの先頭へ

仕様


ハードマルチコート
ライトに当たって目が見えなくなったりせず自然に近い視野を確保します。

耐衝撃性コート
安全面に優れた割れにくいレンズですが、それをさらに向上させる特殊コートです。

最上級UVカット
瞳に悪影響を及ぼすUV-A、UV-Bを完全にカットします。

超撥水コート
キズがつきにくく、汚れも拭き取りやすくなっており撥水性能も持続します。

ワンオフ特殊カーブレンズ
ワンオフ特殊カーブレンズ

このページの先頭へ

オプション 各¥6,000(税抜)


ミラーコート
レンズ表面を鏡のように反射加工した、ファッション性に優れたカラー。 ミラーコート

このページの先頭へ

お問い合わせ


Out Reflect レンズを購入検討の方はこちらにメールしてください。
まずお問い合わせを頂きましたら折り返しご連絡差し上げます。

Out Reflect レンズ PDFカタログ

このページの先頭へ